相変わらず、肌寒いですが、

周囲が イチゴ 苺 してきましたね。

「イチゴ」といえば、素敵なエピソードがある のりママです!

あれは、長女がまだ2歳くらいのころ・・・

近所のジャスコでのりママは、安くて鮮度のよいイチゴを

探しておりました。たしか、298円の棚で・・・

あまりに気持ちが集中していたので、

一緒にいた娘の存在を一瞬忘れておりました。

何やら、後方から見知らぬおば様の声が・・・

「あら、あら、かわいいお嬢ちゃん、食べちゃったのね~」

はっとして娘を見た瞬間!

別棚に並ぶ超高級「あまおう」をがぶりと

ほおばってました。

\(゜ロ\)(/ロ゜)/

もう笑うしかないです。780円出して買いました・・・。

イチゴって、ゆる~い包装になっているので、

小さい子供は要注意ですよ!

さて、イチゴの色もきれいですが、

大分の工芸品で美しいと癒しの表情を

持ち合わせた・・・・

「姫だるま」

ってご存知ですよね~(^-^)

それが、今、一部で大ブームになっているんです。

正確には、もう何年も前からなんですが・・・。

後藤姫だるま工房の名は、

全国に知れ渡っているのですよ。

 

北海道テレビ放送の「水曜どうでしょう」

 

北海道のローカル番組ながら、旅をメインとした様々な企画を行い、

口コミやインターネットでファンが拡大。

大泉 洋 を全国区にした番組です。

詳しくは、ネットで調べてみてくださいね。

その中で登場した、姫だるまが

たくさんの幸福を運んだり、縁を結んだり・・・と

ファンの間で評判になり、

今や、番組三大聖地の一つになっているらしい。

後藤姫だるま工房

竹田の玉来の駅を通り過ぎるあたりに、

こ~んな案内表示もあります。

なんて大胆な道しるべでしょうか~?

驚いているうちに、工房に到着。

ちょうど、タクシーの運転手さんが、

遠くからのお客様を案内されていました。

工房内には、所狭しと制作中の姫だるま・・・

しかし、それ以上に目を惹くのは、

訪れた観光客、「どうでしょう」のファン(「どうらー」っていうらしい)が

残して行った、写真やサイン、お礼の手紙など、

次から次へと、縁が繋がっている様子がいっぱい。

これって、姫だるま効果かもね。

工房の後藤さんの気さくなお人柄も手伝って、

今や、パワースポット化してました。

う~私の知らないところで、こんな事になってたなんて~

「物産おおいた」としては、

姫だるま・・・これは、はずせません!!!

祝!システム改修後、一番登録「姫だるま」

 

<ご案内>

後藤姫だるま工房

竹田市吉田889

Tel 0974-62-3735

★工房は、8~18時まで営業。

☆こちらのブログでは、大分県が運営する「物産おおいた」に関連する

話題を多く取り上げておりますが、

内容については、個人の意見であり、大分県・法人・財団など、

団体の意見では、ございません。ご了承ください☆