» 2012 » 9月のブログ記事

ハルです 台風一過で 空気が秋らしくなってきましたね

           気温が下がってきたせいか、お店には色んな甘ーい新商品が並びはじめました

               甘いにおいに誘われてくんくん探してまいりましたぁ

                    行ってまいりましたお店はこちら

                  大分市森にある「菓子 マンダリーヌ」さん

            なんと こちらには女子には目がない おイモ を使ったスイーツがあるのょ

          じゃーん!! 大分県独自のブランド甘藷「甘太くん」が ゴロっと入った

       フワフワのスポンジとかろやかな甘さの生クリームたっぷり!!なのにおイモの素朴な

          甘さと絶妙にマッチしてるんですぅうう   甘太くんロールケーキ 旨し

           まだまだぁ 、もっともっとぉお って方におすすめは お店へどーぞ

甘太くんプリン(キラキラとふわふわ)

☆こちらのブログでは、大分県が運営する「物産おおいた」に関連する

話題を多く取り上げておりますが内容については、個人の意見であり、

大分県・法人・財団など団体の意見では、ございません。ご了承ください☆

 

「どじょう」を生れて初めて見ました。

ケロスケ 記

 

ケロスケという名前のくせに情けない話ですが

ご近所付き合いしたことは有りません。

あれだけ大量だと、小さなくせにけっこうなド迫力。

 

季節になると蛍が群れる、きれいな水の流れる山あいの環境と

地下深くから汲み上げる質の安定した水、

そして木本さん(代表取締役)の知恵と工夫が、

どじょう達をのびのび元気に成長させているのでしょうか。

↑ 超特大サイズのどじょう

(普通はここまで大きく無いです)

 

実際のところ、泥を使わない水槽での水質・水温管理には

気を使われているようです。

そういった努力が、泥臭くない本来の美味しさを引き出しているのでしょう。

↑ 出荷前にはきれいな水に

住まわせて、餌抜きをします

 

それだけ別にしている容器に、アルビノのどじょうがいました。

オレンジ色をした金魚のような数匹は、まるで別の品種のようです。

でも、顔にはやっぱりトレードマークの髭がニョッキリ

うまく写真に写りませんでしたが、なかなか愛嬌のある顔です。

 

 

ウナギを超える栄養価を持つどじょうは、

トキの保護センターでも餌として活躍中。

 

健康志向も相まって、今後注目の食材です。

どぜう料理が大分名物になる日も近いかも知れませんね。

 

☆こちらのブログでは、大分県が運営する「物産おおいた」に関連する

話題を多く取り上げておりますが、内容については、個人の意見であり、

大分県・法人・財団など、団体の意見では、ございません。ご了承ください☆

 ハルです。⊂(・Å・)⊃ y

          前回のお話で七島藺(しっとうい)のことを すこーし 知って頂けたかな??

30~40年ほど昔は、しっとう もたくさん栽培されていて、海岸沿いの砂浜近くに並べ乾燥させている風景もみられていたそうです。地元のこども達は夜になると、じいちゃんやバアチャンにお手伝いをさせられていたそうです。

平成の今は、しっとう を栽培する農家の方も減り、しっとう を使った 畳表を織る方も年齢層が高くなっているのが現状だそうです。 どの業界も後継の問題はおききします。

     んで、前回の製作風景のつづき・・・

ながく、ながーく編んでいったら、

型に入れていき、

↓こんなんもあるで!

 

だんだん形にしていきます。

ジャジャーん!!!  

ほーら こんなん出来ました。

もったいぶるけど、やっぱり織姫さんは また こ・ん・ど

また見てねぇ

☆こちらのブログでは、大分県が運営する「物産おおいた」に関連する

話題を多く取り上げておりますが内容については、個人の意見であり、

大分県・法人・財団など団体の意見では、ございません。ご了承ください☆

 

 

ハルです。⊂(・Å・)⊃ y

                  いつも窓開けっ放しで 眠っちゃっているので

                  朝はかけぶとんをマジかぶりです。(((*-*;)

        冷え切った からだをあったかーい畳みのうえでゴロゴロも良いですねぇ。

              うーん、まるで 少しまえに流行った干物なんちゃら やん

     みなさん七島藺(しっとうい)って聞いたことありますか?ハルも初めてしりました!

しっとうい(しちとうい)というのは、別名 琉球イ草といわれる東南アジア原産のカヤツリグサ科の植物で

今現在、根絶の危機に直面しているんです。畳などの原料なわけですが、イ草おもてに比べ火気には約2倍、耐久力は5、6倍の強さなんですねぇ(す・すごい)

これが何と日本では大分県の国東で唯一つくられているそうで、さっそくゴロゴロ感を試したくて

行ってきました。!!

くにさき七島藺についてはこちら  http://shitto.org/index.php

こちらが国東の畳表製織工場です

廃校になったあとの校舎などの施設に生徒さんが来られてしっとういを使った

工芸作品を作られていましたょ!こんな風により合わせて三つ編みを長くながーく作っていきます。

それをゲージを作った型に入れてさらに編みこんでいきます 

さて何ができるかは、次回のお楽しみ!!

畳表を織る織姫 が登場 ★★★

 

☆こちらのブログでは、大分県が運営する「物産おおいた」に関連する

話題を多く取り上げておりますが内容については、個人の意見であり、

大分県・法人・財団など団体の意見では、ございません。ご了承ください☆