» 2012 » 8月のブログ記事

ハルです

                                                                今日は8月29日 やきにく の日!

                                                                 最近 みなさん お肉たべてますぅ?

                                                              お肉自体のおいしさも さることながら

                                                                   やっぱり、焼肉はソースでしょ!!

                                    焼肉のたれがおいしくなきゃ、 わたし泣いちゃうよっっ(((^_^;)

そこで、みなさんにご紹介 ☆☆☆

←←←ちゅうもくっ!!!

日田梨たっぷりの焼肉のたれは、大分県のブランド梨「日田梨」の             すりおろしをたっぷり使ったソースで、梨のまろやかーな甘さの中にコクのある         こだわりの逸品なのです。肉料理だけでなく野菜料理にも 抜群なのです!

ちゃちゃっとパパっと主婦の味方なのです。

天領・日田 焼肉のたれ

✿✿ どうぞ みなさん お試しあれ ✿✿

 

☆こちらのブログでは、大分県が運営する「物産おおいた」に関連する

話題を多く取り上げておりますが内容については、個人の意見であり、

大分県・法人・財団など団体の意見では、ございません。ご了承ください☆

 

                                                                      夏から仲間いりの ハル です

                                                                  ‘‘おいしいもの” ‘‘たのしいもの”

                                                                    だぁ~いスキですワンワン駆け回って 

                                                           たくさんのイイものをここ掘れワンワンしたい

                        とおもいます                         ⊂(~Å~)⊃

      ここんとこの 突然の で いつもカサをしっぽに巻きつけてますが、これがめんどくさい!

                 でも 雨上がりのコレは よいですなぁ ☆☆☆///                 どんどん これから ご紹介していきますよ! よろしくねぇ

 

                 ケロスケ & ハル のまったりおおいた~見て歩記

☆こちらのブログでは、大分県が運営する「物産おおいた」に関連する

話題を多く取り上げておりますが、内容については、個人の意見であり、

大分県・法人・財団など、団体の意見では、ございません。ご了承ください☆

ケロスケ  記

お久しぶりです。                     

皆さんにご挨拶してから随分ご無沙汰してしまいました。

あれほどの被害を出した豪雨も何とか過ぎ去り、今では

TVはオリンピック一色ですね。

豪雨被害も各地に爪痕を残すなか、竹田市は荻町にある

荻工芸さんを訪れてみました。

(  荻工芸さんの情報はこちら ↓  )

http://bussan-oita.jp/item-344-3526.html

ステキな手作りの木工品で、ひととき目の保養をしてまいりました。

 

 

写真の一輪挿しは、なんと輪が抜けない仕組みです。

つまり輪の形も一緒に掘り出しているのです。

技術と遊び心の光る作品ですね。

 

他にも、木の根(稀少だそうです)特有の飴色を活かした壺や

実用的かつ美しい茶櫃、木目の美しさを堪能できる大皿等々。

←ケヤキの根の壺

木肌の美しさはその種類によっても異なるそうです。

年を経るほどに木目が濃く美しくなるという桜。

美しく咲いては散ってゆく、その花の命と対照的な強さ感じます。

←桜材の皿

年を経るほどに濃くてヤッカイになる顔のシミとは大違い。

ウーン、桜の木になりたい!

 

国内でも木製品を製作する工房は随分少なくなっているようです。

長く付き合えて暖かみのある木製品。

って、ステキですね。

荻工芸さんご夫婦の和やかな笑顔と

お二人の人柄そのままに暖かみある作品に見送られ

帰路についたケロスケでした。

 

☆こちらのブログでは、大分県が運営する「物産おおいた」に関連する

話題を多く取り上げておりますが、内容については、個人の意見であり、

大分県・法人・財団など、団体の意見では、ございません。ご了承ください☆