「〜まったりおおいた〜 見て歩記」最終記

 

春は別れと出逢いの季節です・・・

大分のたくさんの皆様にお会いしてお話をお聞きしご紹介させていただきました

私どものブログもファイナルを迎えました。

ついこの間、「ハルちゃん、はじめまして」「ケロスケよろしく」と始まった「見て歩記」。

あっという間の約1年でした。

方向音痴のケロスケと鼻のきくハルのブログにお付き合い下さいまして、

みな様ありがとうございます。

皆様の仕事に対する真摯な姿勢、商品への情熱、地域への想いには、

心を打たれるものがありました。

「物産おおいた」が一層皆様のお役に立てることを、

皆様のお仕事がより一層発展することを、心より願っております。

 

なんだ、かんだで、ケロスケ、 ハル の珍道中?!(見て歩記)も卒業です!

 

海、山、田畑、駆け巡り、たくさんの大分んもん(人やおいしいもの)

と触れ合ってご紹介してきましたが、残念・・・

まだまだ紹介しきれてませんが・・(涙)

万感の思いで感謝を申し上げたいと思います。

お伺いさせていただきご協力いただいた皆様、誠に有り難うございました。

 

 

☆こちらのブログでは、大分県が運営する「物産おおいた」に関連する

話題を多く取り上げておりますが、内容については、個人の意見であり、

大分県・法人・財団など、団体の意見では、ございません。ご了承ください☆

豊後大野市は千歳にある紅型染めの工房「石田麗ちとせ染工房」のワークショップに参加してきました

ケロスケ記

3月10日のことです。(少々、時間がたってしまいました・・・すみません)

おっきな娘と息子を一匹ずつ従えて、参加してまいりました。ケロッ

 

まずは、5メートルほどもある紅型染めの鯉のぼりがお出迎え。

その愛らしさと迫力とオーラは、写真では伝わりませんが

「うわー」って嘆息してしまうほど。

 

←鯉のぼりの下には、ブルーアイのゆきちゃんが

店番しています。

 

 

 

ワークショップでは、あらかじめ糊を置いたTシャツに参加者が彩色を施していきます。

色の定着や糊落としは先生がされ、後日完成品が届くシステムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生や幼稚園児などのチビッコ画伯は、思い切りよく好みの色をのせていきます。

同じ下絵のTシャツも、ひとそれぞれに個性がキラキラ。

全く違う出来栄えになりそう。

 

←糊落としをする前の状態。どんな出来上がりになるかな?

みんなで使う色の数々。色にも沖縄独特の名前があるようです。

←色見本と色の名前

くま(色のグラデーション)見本→

 

 

 

 

 

出来上がりのTシャツをここで披露したかったけど、手元に無いのでご勘弁を!

ケロスケ親子はすっかり上機嫌でワークショップを終えました。ケロッ

 

 

 

 

↑ 彩色の道具たち(今日は大活躍です!)        カッター板となるお豆腐 ↑

沖縄の海のように大らかで美しく、波の音が聞こえてきそうな楽しいTシャツたちが

出来上がったことでしょう♡

☆こちらのブログでは、大分県が運営する「物産おおいた」に関連する

話題を多く取り上げておりますが、内容については、個人の意見であり、

大分県・法人・財団など、団体の意見では、ございません。ご了承ください☆

 

江戸時代の建造物。日出藩木下家の居城、日出城の本丸の東北隅に築かれた二階二層の櫓(やぐら)。

櫓(やぐら)と聞けば、敵の侵入に対していち早く察知するために高く築かれた物見台ですが、

 この鬼門櫓(きもんやぐら)、ちょっと珍しい。

廃藩置県により日出藩が廃止されると、旧日出城内の天守や櫓は競売になり、次々と取り壊される中、人の手に渡りながら

明治の取り壊しを免れ移築保存されていました。

そして屋根の部分、この櫓の東北隅の部分は直角の部分を欠いた、隅欠きが施されています。(こんな屋根初めて見ました)

     

                                                      こんな感じで屋根の先端の直角部分がないのです。・・・

 この部分は、撮影しなかったので、ぜひ現地で皆さんの目で確かめてほしいです

当時、東北の方向は禍を招く鬼門だといって忌み嫌われていて、その方角にあったので「鬼門櫓」とよばれるようになりました。

この建造物も日出町が譲り受け、当初の古材を出来るだけ残し、忠実に保存修理する工事がされています。

(古材を残しつつとは、さすが、木造建築物の醍醐味です!)

      これは、屋根瓦のようですね・・・

 

この保存修理された鬼門櫓ももう少しで完成となります。

 

お問い合わせ先

日出町生涯学習課 0977-73-3156

   

この保存修理された櫓もすごいですが、本丸跡の小学校もすごいです!!

         小学生は毎日、登校ならぬ、参内でござるな!

☆こちらのブログでは、大分県が運営する「物産おおいた」に関連する

話題を多く取り上げておりますが、内容については、個人の意見であり、

大分県・法人・財団など、団体の意見では、ございません。ご了承ください☆

 

別に秘密にしているわけではないのでしょう。

ケロスケ記

トマトは野菜か果物か?

皆さんはどちらと思いますか?

あんな工夫・こんな努力・そんなアイデア

が、いっぱい詰まった佐伯市の「社会福祉法人 青山21」を

訪問させていただきました。

水耕栽培のハウスの中は清々しい空気がいっぱい

これって、トマトパワー?

この緑と黄色のコントラストがくっきりするほど

糖度の高いトマトの収穫が予想されます

南米アンデス高原が原産地とされるトマトは、もともと過酷な水環境で生育してきたはず。

水耕栽培でなぜ美味しいトマトができるのか?

答えは、「」でした!

驚いたことに、塩を加えた湧水で栽培することで、

トマトの水分吸収率を調整しているのだそうです。

↑ 糖度を測り     ↑ 選別されて           ↑ 出荷されます

実はこのトマトたち、大変な箱入り娘。

ビニールハウスにデビューする前は、文字通り「箱入り」栽培されています。

温度・湿度・養分・光・風 等々 全て管理された環境で生育の後、やっとハウスデビュー

ここの「塩熟トマト」は、最低でも糖度8パーセント

その中でも糖度10パーセント以上の超エリートたちは、化粧箱入りで羽ばたきます。

 

社会福祉法人 青山21ホームページはこちら→ http://enjukutomato.saiki.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

「社会福祉法人 青山21」では、障がい者の人たちが働いています。

ご案内下さった五島一徳理事長は

「障がい者といえ、一般企業に負けない優れた商品を提供できることをお見せしたい」

と、企業努力を怠りません。

いえいえ五島理事長、負けないどころか凌駕しています。

トマトを見ればわかります。

食べれば実感します。

密度ある真っ赤な実の充実感と、

広がる甘みと酸味のバランスの良さ。

やっぱり果物ですね。

 

 

☆こちらのブログでは、大分県が運営する「物産おおいた」に関連する

話題を多く取り上げておりますが、内容については、個人の意見であり、

大分県・法人・財団など、団体の意見では、ございません。ご了承ください☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 牛さんの鼻先の方向へひた走っていってみると、くねくねと断崖、

  ハルの頭と同じ絶壁・・・

  

  そんなことは、よしとして、どんどんケロワンはしります。

  おおっ!

 タヌキなお姉さんが! ←クリックそーいえば、ココにも美味しいもんあるなぁ

                            っと、寄り道みちくさ 楽しいぞぉ  

 遠くから見えてくるデッカイものが!

     大分県玖珠郡九重町大字田野1208番地 

                                                             TEL(代表) 0973-73-3800

   あれは標高777メートル    九酔渓にそびえる

 つり橋で、大人が1800人乗っても大丈夫な“九重夢大吊り橋。”白い主塔の高さが173メートルなの。

 今まで走ってきたのは、九酔渓。紅葉と渓谷の名所で、2キロにもわたる

断崖絶壁が有名よ。  暖かくなってきましたし、みなさんも絶景を観にお出かけはいかがでしょうか?

☆こちらのブログでは、大分県が運営する「物産おおいた」に関連する

話題を多く取り上げておりますが、内容については、個人の意見であり、

大分県・法人・財団など、団体の意見では、ございません。ご了承ください☆

 

 今日も、ワンワン、ケロケロと野山を越え走っておりますと、

    お牛さんがぎゅぎゅーぅって

 “おしくらまんじゅう”してます。

おーい、うしさーん!おおいたのイイとこ教えてぇ

ん?なんかえ、

        ここらなら、あそこ行ってみよ

                          d(ゝc_,・。)OK♪   はい、そこへ行ってみます!  

                          クリック

  ハルのあたまの中は、ぎゅぎゅ~ぅな豊後牛でいっぱいになり、

                   そして、またはしる。ワンワン、ケロケロ

   

☆こちらのブログでは、大分県が運営する「物産おおいた」に関連する

話題を多く取り上げておりますが、内容については、個人の意見であり、

大分県・法人・財団など、団体の意見では、ございません。ご了承ください☆

東京ビッグサイト「こだわり食品フェア」に行ってきました。

ケロスケ記

2月13日〜15日に東京ビッグサイトで開催されました。

文字通り「井の中の蛙」を地でいくケロスケには、とっても新鮮な経験でした。

「スーパーマーケット・トレードショー2013」も同時開催で、熱心な企業さんやバイヤーさん、

メーカーさん等の熱気むんむん!

3日間で約8万5千人が足を運んだ、最大規模の展示会です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 曇天 のち 雨                ↑ あまりの広さはダイエットに最適♡ but…

↓準備段階の大分ブース               ↓臼杵石仏さんも一役買ってくれました!

 

 

 

大分県ブースにも大勢の人が訪れて下さって、大変な賑わいでした。

←大忙しの大分ブース → 「物産おおいた」→

もしっかり宣伝

 

大分の企業をもっともっと注目してもらおうっ !(^^)!

と、バイヤーさん方にHP「物産おおいた」を宣伝してきましたよ。

 

準備から後片付けまで、素晴らしい段取りの良さにただただ感心するばかり!

出展者の皆様、本当にお疲れ様でした。

出展した方も、そうでない方も、事業が更にに発展しますように。

皆様の努力が報われますように。

 

☆こちらのブログでは、大分県が運営する「物産おおいた」に関連する

話題を多く取り上げておりますが、内容については、個人の意見であり、

大分県・法人・財団など、団体の意見では、ございません。ご了承ください☆

 

                                                                                                                                                                                                やぁ、いらっしゃいませ

 おや?ココは○aws○nかい?  いえいえ、ココは私らが生まれた工房だ。

楽しそうにニコニコみんな笑ってるねぇ

ダルマさんなのに、イイもんもってるねぇ。

 そうさ、手も足もあるし、ラッキーやハートを運んでるのさ。

僕たちに会いにおいでよ!

 ココをクリック

↓                                                                  

人形工房 かじか

    竹田市長湯3122-2       TEL09743199   

 

 

こちらのブログでは、大分県が運営する「物産おおいた」に関連する

話題を多く取り上げておりますが、内容については、個人の意見であり、

大分県・法人・財団など、団体の意見では、ございません。ご了承ください

お久しぶりです。

ケロスケ記

遅筆のケロスケです。(すみません・・・)

一月はいぬ 二月は逃げる 三月は去る

とはよく言ったもので、早くも1月が過ぎ2月が来てしまいました。

2月が逃げてしまう前に、大分のご紹介をひとつ (^^)/

 

大分の広瀬勝貞県知事の6代前? の方のお兄さんにあたる広瀬淡窓さんが開いた「咸宜園」です。

 

初めて見たのですが、消火栓ケースの色が白っぽいベージュ!

建築物の色に合わせて赤色以外も有りなんだ、とちょっと感激♡

「咸宜園」とは、コトゴトクヨロシ ミナヨロシという意味のようです。

学歴・年齢・身分を問わず門戸が開かれていたそうで、高野長英さんや大村益次郎さんなど

歴史に名を残した方々を含めて約3000人を輩出した江戸時代最大規模の私塾だそうです。

入塾費用は約200俵。今のお金で200万円!!

今も昔も、学費ってかかりますねぇ。

我子のためなら、ですね。

↑ こんな感じの建物だったようです

↓ 天井が美しくって!     ↓ 竹の節をそのまま利用した襖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青年老いやすく 学成り難し

我身を反省の、ケロスケでした・・・  けろっ

 

 

☆こちらのブログでは、大分県が運営する「物産おおいた」に関連する

話題を多く取り上げておりますが、内容については、個人の意見であり、

大分県・法人・財団など、団体の意見では、ございません。ご了承ください☆

 

 

 

 来て来て!こっちこっち!

   あんた誰?

       いーから、イーからぁ

ほ、ほーい。おじゃましまーす。

おお!なんか町内の集まりごとかい?!みんな手を挙げてるぞ。俺だ俺だってのが多いな・・何やってんだい?

 つづく・・・・

  

☆こちらのブログでは、大分県が運営する「物産おおいた」に関連する

話題を多く取り上げておりますが内容については、個人の意見であり、

大分県・法人・財団など団体の意見では、ございません。ご了承ください☆